大阪・難波(なんば)・心斎橋からバツグンのアクセス なんばオリエンタルホテル

  • 宿泊予約

blog_train13

レトロな大阪の路面電車「チン電」の魅力探索♪ 車庫におじゃましました!

大阪ミナミと堺をつなぐ
レトロな路面電車「阪堺電車」。

 

地元の方たちからは「チン電」という愛称で、
親しまれています。

 

2011年に阪堺線開通100周年を
迎えた今も尚、愛される魅力とは!?

 

今回、その答えを探るべく、
社内きっての鉄ちゃんスタッフも同行し、
大阪の下町「住吉区」にある車庫を
特別に取材させて頂きました!

 

ホテルの最寄駅 地下鉄堺筋線「日本橋駅」から
「恵美須町駅」へは、たった一駅。

 

地下鉄の出口を出ると、
阪堺電車「恵美須町駅」の入口が見えます。

 

blog_train01

 

レトロなプラットホームには、カラフルな一両の車両。

 

blog_train02

 

「恵美須町駅」から走り出してすぐ、車窓に映る通天閣や、
途中の風情ある町並みを楽しむこと20分

 

blog_train04

 

車庫がある「あびこ道駅」へ到着です。

 

blog_train14

 

「あびこ道駅」ですでに撮影タイムにはいる
鉄ちゃんスタッフ

 

blog_train05

 

阪堺電車の担当者様に案内していただき、
いよいよ車庫へ!

 

駅から少し歩くと、目の前には、
大正13年に建てられた広い車庫!
数々のカラフルな車両が並びます。

 

blog_train15

 

その中には、とりわけレトロ感を放つ
昭和3年製の161形車両も!

 

blog_train13

 

各車両の歴史は深く、
実際に、こちらの161形は、
現在も7両が現役で運行されており、
「大切に使われてるなあ。」
と鉄ちゃんスタッフも感心の一言

 
バラストの上の線路を歩きながら、奥へ。
あたり一面、まるで阪堺電車の博物館!

 

blog_train06

 

開業100年を記念して
昭和40年頃の復元車も特別に見せて頂きました!

 

車内に入ると、大正~昭和初期へ
タイムトリップしたかのようなインテリア!

 

板張りの床や鮮やかなブルーのシート。

 

blog_train08

blog_train09

blog_train10

 

車両見学の途中、
取材班をよそに、鉄ちゃんスタッフと
阪堺電車さんの話が進みます。

 

たとえば…、「空気ばね」のお話。

 

 blog_train12   

 

昔の車両は、どれも写真(↑)のような「板バネ」。
「ガタン、ゴトン」「ごつ、ごつ」という乗り心地を改善するため、阪堺電車さんでは、1957年、路面電車では日本初となる、台車に「空気バネ」を採用し、現代も通用するスムーズな乗り心地を実現しました!

 

当時の人たちにもかなりセンセーショナルだったとのことで、
「空気バネ」の車両を待ってまで乗っていた人もいたとのことです。

 

スタッフの方々にお話を聞いていて感じた
阪堺電車の魅力のひとつ。

 

それは、昔も今も地域との距離感がすごく近いこと。

 

「空気ばね」の採用から見れる乗客への心配りもそうですが、車窓から、民家が間近に見えたり。

 

「ちょっと、おばあちゃんの家まで。」と、子供がひとりで乗っていたり。

 

街を走る姿を眺めるも良し。乗りながら、情緒ある車窓風景を楽しむのも良し。

 

変わりゆく大阪の街をレトロ色に彩る「チン電」。

 

是非、そんな大阪の魅力を体感できる

「阪堺電車」での大阪旅はいかがでしょうか?

  

blog_train11

 

今回お話を伺った阪堺電車の松本さんと田中さん。
ご協力ありがとうございました!