大阪・難波(なんば)・心斎橋からバツグンのアクセス なんばオリエンタルホテル

  • 宿泊予約

150420-3

大正時代から愛され続ける街のシンボル「通天閣」で大阪の今昔体験

 

これぞ大阪な観光名所「通天閣」と「新世界」。

ホテル最寄り駅の地下鉄堺筋線「日本橋」から「恵美寿町」駅は約2分ほど 
3番出口を上がると、目の前に通天閣が!

 

150420-3 

 

昭和レトロなアーケードを通り
通天閣入口を目指します。

 

エントランスでチケットを購入し、
エレベーターでひとまず3階へ。
 
3階で降りると、新世界周辺の懐かしい風景を
取り入れた展示物がお出迎えしてくれます。

 

P1240080blog P1240081blog

 

2012年に開業100周年を迎えた「通天閣」。

 

初代通天閣は明治時代、内国勧業博覧会跡地に
なにわの遊園地「ルナパーク」とともに建てられました。

 

現在の通天閣は2代目。
地上87.5Mの高さから大阪の景色が一望できる展望台へは、
国内外からたくさんの方たちが訪れ、

2012年には、年間入場者数はなんと約132万人に達しました。

 

そして、いよいよ3階から5階直通エレベーターで展望台へ。
エレベーターを降りると一面に広がる大阪の景色!

 

P1240086blog

 

そして、もちろん…
ゴールド一色の華やかな内装の中、
「福の神」ビリケンさんが鎮座しています。

 

150420-4

 

意外にもアメリカ生まれのビリケンさん。
大阪の街ではいたる場所で目にする身近な神様。
足の裏を撫でると幸運が訪れるという言い伝えがあり、
2012年に新調された3代目ビリケンさんの足の裏も
早くも少し磨り減っていました!

 

通天閣の見所は、5階展望台だけではありません!
3階「ルナパークジオラマ」では、
通天閣の歴史を紹介したミニシアターや
大正時代の初代通天閣や新世界のジオラマが!

 

150420-8 150420-7 150420-6

 

細かいところまで再現されたジオラマ。
一日の移り変わりが楽しめるすばらしい演出に魅了されます。
 
*5階展望台から3階までは、階段で降りることもできます。途中のかわいいサインが励みに!

 

  P1240106blog

 

通天閣を満喫した後はジャンジャン横丁で
大阪名物「串かつ」を。

 

150420-10

 

今回訪れた串かつ店「日本一の串かつ 横綱」さんは、
相撲力士の絵と提灯がたくさん飾られていて、
大阪らしさあふれる外観。

 

P1240155blog

 

名物の横綱串かつは、サクサクと軽い食感。
二度付け禁止のソースは濃厚ですが、
ほどよい甘味で串かつとのバランスが絶妙です。

 

150420-12

 

かつては「大大阪」と呼ばれ、大阪の中心として賑わった新世界。
今では「キタ」と「ミナミ」へその座を譲り、
人情味あふれる大阪の下町へ変化しつつあります。

 

大正時代から変わらぬ位置で大阪の街を見守り続ける通天閣へ登り、急速に変化していく新しい風景を眺めながら、

ゆっくり流れる時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

P1240089blog

 

-通天閣-
 
営業時間: 9:00~21:00
※ご注意:ご入場は終了時間の30分前(20時30分)までです。
休日: 年中無休
料金: 大人700円 大学生500円 中高生400円 小学生300円

 

通天閣公式サイトはこちら

 

 

【フロントにて販売中!】

通天閣入場券・新世界名物串カツクーポンマップ